七夕茶会

 古より竹は神の 依代
 星祀りに捧げる祈りの一服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2012年 7月7日 於 旧前田侯爵邸
 主催:へそ茶会

“七夕茶会” 趣意

「七夕茶会」は、「祈り、願い」といった

私たちの思いを託す星空が広がる宇宙をテーマにしたものである。

見上げる空は遠く広がり静かに清らかに澄んだ様相を見せているが、
実は星々の誕生・終焉・活動にまつわる膨大なエネルギーが充満しているにちがいなく、
そのエネルギーを茶室に表現すべく床の間のしつらいは「エネルギー、マグマを連想させる暑苦しさ」をテーマにした。
その空間で「茶巾絞り」による「天河の一滴」を感じていただく趣向である。

 

別間のインスタレーションは七夕の神事における神の憑代(よりしろ)である「笹」をモチーフにしたものである。
 

笹の葉が天に向かって揺れるとき、願いは空へ放たれる。
想いは空へ。星の瞬く虚空へ。
星祀りに捧げる一期一会。

亭主 藤本ゆかり

  • ※右下の矢印か下のサムネイルで写真を切り替えられます。

主催:へそ茶会

企画・亭主:藤本ゆかり(衣装デザイナー)

 

スタッフ

美術制作(展示室):大畑周平(美術家)

生け花:山岡まり(Florist/GINKGO Florist Mari Yamaoka 代表)

お茶菓子:鈴木ゆみえ(料理家)

当日写真撮影:寺川真嗣(photographer)

当日会場案内:

淡路雄大(木工職人/淡路工藝 代表)

林裕也(グラフィックデザイナー)

 

▶スタッフ詳細プロフィール

  • ※右下の矢印で写真を切り替えられます。

    ※右下の矢印で写真を切り替えられます。