当日の様子

hesocha_logo_yoko_2.png

地獄茶会

「劇場空間としての茶会」に「参加」していただく「劇場茶会」。
このたびの「地獄茶会」は私のご提案する「劇場茶会」の第一弾になります。

地獄はどこにあるのか。
死後に赴くところなのか、心の中にあるものなのか、または生きている世界そのものなのか。

あの世の正面には閻魔大王が待ち構えていらっしゃいます。
傍らに置かれた鏡には生前の罪状がすべて映し出され、
人はその軽重によって各地獄へ振り分けられる、そのランクは百十八段。
何気ない日頃の行いの積み重ねが地獄への道標となっているのです。

人の一生など短く儚いもの。地獄の世界をちょっと覗いていただき、
日頃の自分を振り返ることにより新たな一歩を踏み出し「生きること」について考える、
そのような空間を感じていただけましたら幸甚でございます。

2013年1月29日の「地獄茶会」はおかげさまを持ちまして大盛況の運びとなりました。
お越し頂きました皆さまには深く御礼申し上げます。
しかし、「自分を見つめなおす機会」は一度では到底足りるものではありません。
皆さまがお忘れになられた頃に地獄の扉が再び開くかも。。。

劇場空間は常に変動するもの。参加感はぜひとも現地にてお楽しみいただくべく、
当日の画像はあえて最小限度のイメージにとどめております。
またの機会にぜひのお目もじを。



亭主 藤本ゆかり






地獄茶会
会期:2013年 1月29日(火)
会場:三鷹 井心亭
主催:へそ茶会 hesocha.jp

亭主:藤本ゆかり(衣装デザイナー/アトリエ想像企画
監修:大畑周平(美術家/shuheiohata.info

スタッフ
AyAko
淡路雄大(木工職人/淡路工藝 代表)
伊藤左知子(詩人)
大月均(ディレクター)
きみすけ(着付け)
鈴木ゆみえ(お菓子)
寺川真嗣(photographer)
林裕也(グラフィックデザイナー)
深谷莉沙(コンテンポラリーダンサー/LADY LILY)
山岡まり(Florist/GINKGO Florist Mari Yamaoka代表
山本亜矢子/もつ(イラストレーター)



goannai.png